· 

稚アユの放流を開始しました。

東御市へ100㎏、丸子上流から長和にかけて230㎏の琵琶湖産稚鮎を放流しました。

災害復旧工事で中流が濁っているので、予定場所を変えました。

上の写真は、

東御市分の取り分け、依田川分のの取り分け、和紙の里裏の放流、

長和一丁田橋下流の放流、五反田大橋上流の放流、駒形橋上流の放流